アラジン(2019年)の感想・レビュー・ネタバレ
【美麗なアラビアン・ナイトの世界観と壮大な音楽、そしてウィル・スミス】

洋ミュージカル
スポンサーリンク

アラジン

公開:2019年6月7日
製作:ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
監督:ガイ・リッチー
出演:ウィル・スミス
   メナ・マスード
   ナオミ・スコット

「さあ、3つの願いを!」

夢をかなえる“願いの力”──それこそが、本当の魔法。
昨日と同じ世界が、全く<新しい世界>となって輝き出す――その瞬間を、見たことがありますか?
不朽のアニメーション『美女と野獣』を究極のライブ・アクションとして甦らせたディズニーが、世代を超えて愛され続けてきた『アラジン』を空前のスケールで待望の実写映画化!
名曲「ホール・ニュー・ワールド」をはじめとするおなじみのナンバーに映画音楽界のレジェンド、アラン・メンケンと、「ラ・ラ・ランド」「グレイテスト・ショーマン」のチームによる新曲も加わり 胸躍る冒険と真実の愛を描いた、豪華絢爛なエンターテイメントが誕生する。

ダイヤモンドの心を持ちながら、本当の自分の居場所を探す貧しい青年アラジンが巡り合ったのは、王宮の外の世界での自由を求める王女ジャスミンと、 “3つの願い”を叶えることができる“ランプの魔人”ジーニー。
果たして3人はこの運命の出会いによって、それぞれの“本当の願い”に気づき、それを叶えることはできるのだろうか──?

https://www.disney.co.jp/movie/aladdin.html
「アラジン」本予告編

感想

8.0/10 【美麗なアラビアン・ナイトの世界観と壮大な音楽、そしてウィル・スミス】

アニメ版(1992年)は遥か以前に観たような気がする程度で、ほとんど記憶にありませんでした。あらすじとキャラクターは何となく分かる程度の知識。元々ミュージカルはあまり観ないのですが、今回は何となく気が向いて公開からかなり遅れて観ることにしました。
そのような感じでそこまで期待値は高くなかったのですが、映画が始まるとウィル・スミスのアラビアン・ナイトの歌から始まり、色彩と活気溢れるアグラバーの風景も美しく、そして主人公アラジンが衛兵から逃げる際のミュージカルシーンも楽しめました。ミュージカルへの苦手意識も気が付けばどこへやら。思い出せば昨年のグレイテスト・ショーマンも良かったですし、気が付けば苦手では無くなっていたのかもしれません。

ストーリーは予定調和と言うべきか、まあそうなるだろうと意外性もないものでしたが、それでも退屈するシーンもなく、間延びすることもなく最後までテンポ良く進み、良くも悪くも王道といった内容です。
そして一番印象的なのが、初めから最後まで存在感のあるジーニーことウィル・スミス。元からインパクトの強いキャラクターのジーニーを、ウィル・スミスが演じるのでまあ華があって目立ちます。初めは青いウィル・スミスだ…と見た目のクセが強いですが、観ていれば彼こそがジーニーだと思えるように。テンションの高さ、魔人としての迫力、良き友としての存在感にコメディシーン等どれも様になっていて流石です。そして元が歌手出身だけあって歌も良かったです。
アラジン役のメナ・マスード、ジャスミン役のナオミ・スコットの2人とも今回初めて見ました。メナ・マスードはアクションやダンスも動きにもキレがあり、純朴な好青年のイメージに合っていましたし、ナオミ・スコットも歌声に力もあり、意思の強い女性を演じていました。
また、アラジンの相棒のサルのアブーと魔法の絨毯も違和感のないCGで、最初から最後までとても愛らしい姿を見せてくれます。動物のCGも今は実写と並べても全く違和感がないレベルになりました。ディズニーの次回作のライオン・キングも楽しみになりました。

過去作の実写化リメイクだけあって意外性あまりないですが、どの部分も高水準のクオリティとなっていました。ミュージカルが苦手という方でなければ楽しめると思いますし、苦手だと思っている人にも見やすいのでミュージカル入門にも良いかもしれません。クセもなく万人にオススメできる映画だと思います。

以下ネタバレ有の感想










ミュージカルシーンはどれも良かったですが、洞窟の中でのジーニーの自己紹介シーンと、一つ目の願いでアラジンがアリ王子としてアグラバーの街に来るシーンがとても良かったです。両方ともメインはジーニーですが、洞窟ではドラムを叩くアブーや分身する青いウィル・スミスなどが印象的。アリ王子のシーンでは多くの踊り子を従えて、孔雀や象などもたくさん出て色彩的にも見所のあるシーンでした。
アニメ版との違いも詳しい人ならばもっと分かるのでしょうが、自分に分かったのはジャスミンが女性国王になるのと、侍女のダリアの存在でした。前者は以前はあくまでアラジンとの結婚が認められた流れで、国王にまではなってなかったような気がしますが、今時らしい展開ですね。侍女のダリアはアニメ版ではいなかったと思いますが、意外と重要な役どころでした。ジーニーが口説くシーンもコミカルで面白いですし、最初のシーンからすると、最終的に人間になって子供が2人出来ることになるのでしょう。果たしてただの人間になったのか、それとも魔法使いではあるのでしょうか。
あと、ダイヤの原石の心の持ち主はでないと宝の洞窟に入れないとのことでしたが、空腹の子供に恵んだとは言っても、アラジンの盗みは問題視されないのかは疑問です。

洋ミュージカル
スポンサーリンク
nora-eigaをフォローする
nora-eiga

コメント

タイトルとURLをコピーしました