キャプテン・マーベル(2019年・MCU)の感想・レビュー・ネタバレ
【SF・アクション・サスペンス・90年代のごった煮の女性ヒーロー映画】

MARVEL
スポンサーリンク

キャプテン・マーベル

公開:2019年3月15日
製作:マーベル・スタジオ
監督:アンナ・ボーデン
   ライアン・フレック
出演:ブリー・ラーソン
   サミュエル・L・ジャクソン
「キャプテン・マーベル」デジタル配信 無料プレビュー

アベンジャーズ:インフィニティウォーのラストでニック・フューリーが最後に手にしていたポケベルに表示されていたアイコンがキャプテン・マーベルのもので、その少し後に公開されました。MCUの中では21番目の作品となる。
1995年、クリー帝国の特殊部隊、スターフォースに所属するヴァースは強い力を持つが過去の記憶がない。任務の遂行中にクリーの宿敵スクラルに捕らわれ、失った記憶を調査されるが、脱出に成功し地球のレンタルビデオ店へと墜落するヴァース。彼女に国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.(シールド)のエージェント、ニック・フューリーが接触する。
初めは宇宙から来たことなど信じないフューリーだが、信じざるを得ない事実を目撃してヴァースの話を信じることとなり、行動共にするようになる。果たしてヴァースの記憶には何が隠されているのだろうか。

感想

7/10 【SF・アクション・サスペンス・90年代のごった煮の女性ヒーロー映画】

キャプテン・マーベルは公開時にも観に行きましたが、今回レンタル化してたのを改めて観ました。公開から4か月も経たずにレンタルすることになるとは…最近は公開からセル・レンタルになるのが非常に早いと実感します。

映画館でも一番印象的でしたが、今回改めて観ても一番印象的だったのが、冒頭のマーベルスタジオ恒例のオープニング部分。
いつもはアイアンマンを始めとする色々なヒーローの映像が映りながらマーベルスタジオの文字が出るのですが、キャプテン・マーベルの時にはそれが全てスタン・リー。そして表示の最後には【THANK YOU, STAN】の文字が。
マーベル映画に詳しくない人には何事かと思うかもしれませんが、スタン・リーは主だったマーベルコミックの原作者で、マーベル作品の実写映画ではほとんどにカメオ出演していました。最近ではマーベル映画の本数も多かったので、私も何度見たことか…。
2018年11月に彼の訃報があり、2019年3月公開のキャプテン・マーベルはその後最初のマーベル映画。その追悼と言うことなのでしょう、開始前から泣けてきます。

『アベンジャーズ誕生前の物語』というキャッチフレーズ通り、今までMCUで出たり出なかったりしていたニック・フューリーの若い頃の話となります。演じるサミュエル・L・ジャクソンの肌がつやつやで違和感が…デジタル技術で25歳若返らせているらしい。今の姿を知らなければそうとは気づかないと思います。技術の進歩は凄い。
25年後にはムスっとして強面のフューリーも、この頃はジョークも笑顔も見せてくれます。設定上ではシールドのエージェントで優秀なのでしょうが、今作ではコメディリリーフを演じることが多く、非常に親しみやすいキャラクターでした。こんな彼が最新のファー・フロム・ホームでは電話に出ることすら怖いから嫌がられるほどになるとは(笑)

ストーリーは最初は本格的なSFから始まり、部隊が地球になってからは90年代の雰囲気を出しながらのアクションと、姿を自在に変える敵とのサスペンス要素、最後はやっぱりアメコミらしい展開と何やら色んな要素がミックスされている感じでした。時代設定的にもキャプテン・アメリカ:ファースト・アベンジャーとアイアンマンの間のようなので、他作品との絡みもほとんどなく、他作品を観ていなくても単独作としても問題ないかと思います。
ただしヒーロー(ヴァースもヒロインではなくヒーローと言っていた)映画としては少し地味な印象。

以下ネタバレ有の感想











一言で言えば、とにかくキャプテン・マーベルが強すぎるって内容。冒頭の宇宙から地球への墜落で全然平気な時点で、既に今までのキャラクターで最強な気がします。あれなら何で殴られてもそりゃ効きませんよね…。終盤で力の使い方をマスターしてからは更に無敵になり、緊張感が全くないのはどうかと思います。せめて師匠のヨン・ロッグとの決戦くらいは…どんだけ手加減しても相手にならないから仕方ないかもしれませんが。
エンドゲームでの扱いもそうですが、今後MCUで出番与える機会が難しそうです。能力だけで考えればもう全て彼女一人で解決できる気がします。
不屈の精神があるから強いって描写は好きですが、それ以上に相変わらずのインフィニティ・ストーンが万能。ライトスピード・エンジン量産して爆破しまくれば、サノスがダース単位で来ても何とでもなりそうな気が…。同じくストーンから能力を引き出したスカーレット・ウィッチもめっちゃ強いですし。

ヴァースことキャロルが基本的に不愛想な反面、フューリーと猫(フラーケン)のグースが癒しポイント。あの1人と1匹が出てくるとひたすら微笑ましくて和みますね。グースがフラーケンとして口から触手を出しても可愛がるフューリーが面白い。そして構いすぎて引っかかれて片目を失うことすらも、深刻にならずに良かったです。アベンジャーズ誕生の話はただキャロルと出会っただけってことでシンプルでしたが。
ちなみにガーディアンズ・オブ・ギャラクシーで敵として登場していたロナンとコラスも登場しているので、気付けば少し得した気分となります。ただ、知らなくても全く問題ない展開です。

舞台が90年代ということもあって、レンタルビデオ店でVHSがあったり、背景でゲームボーイやストリートファイター2があったり、音楽がニルヴァーナだったりと当時の雰囲気が出ているのは楽しめました。
ただ、展開はSFなような、アクションなような、サスペンスなような…と色んな雰囲気が楽しめますが、かと言ってどれも中途半端。後半がキャロルが強過ぎるだけの一方的な展開だったので盛り上がらなかったのがその原因だったのかもしれません。やっぱり敵も強かった方が展開として好きです。

MARVEL
スポンサーリンク
nora-eigaをフォローする
nora-eiga

コメント

タイトルとURLをコピーしました