Diner ダイナー(2019年)の感想・レビュー・ネタバレ
【極彩色の舞台と藤原竜也の存在感、そして雑なアクションとCG】

邦画
スポンサーリンク

Diner ダイナー

公開:2019年7月5日
製作:「Diner ダイナー」製作委員会
監督:蜷川実花
出演:藤原竜也
   玉城ティナ
   窪田正孝
   本郷奏多
   武田真治
   真矢みき

映画『Diner ダイナー』本予告【HD】2019年7月5日(金)公開

ようこそ、殺し屋専用のダイナー<食堂>へ

そこは、命がゴミのように扱われる、殺し屋専用のダイナー<食堂>。店主は、元殺し屋で天才シェフのボンベロ。
「俺は、ここの王だ。砂糖の一粒まで俺に従う。」
日給30万の怪しいアルバイトに手を出したオオバカナコは、ウェイトレスとして売られてしまう。次々と店にやってくる殺し屋たち。オーダーは極上の料理か、殺し合いか…店主、ウェイトレス、殺し屋たち。新たな殺し合いが今、始まる――!

http://wwws.warnerbros.co.jp/diner-movie/

感想

6.0/10 【極彩色の舞台と藤原竜也の存在感、そして雑なアクションとCG】

原作は未読、蜷川実花監督にも興味はなかったのですが、予告の藤原竜也が印象深かったので観てきました。他のキャストも豪華でしたし。
まとめて言うならば、良いところも悪いところもは予告で出ていた通りの印象でした。良いところは世界観と美術、藤原竜也の存在感と玉城ティナの美人っぷり。悪いところはクオリティの低いアクションシーンとCG…真矢みきのロケットランチャーのシーンは明らかに酷い…。

舞台設定のほどんどはダイナーの中で、その美術はおかしな殺し屋が集まるに相応しい、おかしな装飾になっていて面白い。実用性皆無で、そんなところで食事をしたいと思えない個室もありましたが、映画の雰囲気作りにはよく合っていました。ただ、場所も出てくる食事も極彩色なので、よく出てくるハンバーガーも美味しそうにはあまり見えないという結果にも。
ボンベロこと藤原竜也も予告で印象的な「俺は~ここの~王だっ」ってシーンほどの大仰な演技はそこだけで、寡黙なオーナーは格好良かったです。オオバカナコ役の玉城ティナは抜群の美人です。ただ、キャラクター的にはもう少し地味な人の方が合うような…画面映えのためには仕方がないかもしれませんが。
豪華なキャストも気になってはいましたが、人によって出番の大小の差が激しいです。殺し屋一同が勢揃いってこともないので、そこを期待している方は考え直した方が良いでしょう。窪田正孝、本郷奏多、真矢みきの3名の出番は多いです。
後半になるとアクションシーンもあるのですが、早回しと暗さとアップで撮っているので何をやってるか分からないことが多かったです。気が付けばケガしていました。ワイヤーアクションっぽいところもありましたがとても微妙…あんなアクションシーンならモノローグででも済ませた方が良いかと思うレベルです。二丁拳銃とか、舞い散る羽とか、90年代頃のジョン・ウー映画を彷彿させます…とても低いクオリティで。
後は新しい登場人物が出ると漫画みたいに決めポーズのシーンで名前が表示されるのですが、フォントが特殊過ぎて私には読めないのが多かったです…一般的にはあれ読めてたのでしょうか?

部分的には面白いのですが、基本的には冗長な内容でした。ずっと暗いダイナーの中が舞台なので余計にそう思うのかもしれません。蜷川実花の雰囲気が好きな方、出番の多いキャストの中に好きな人がいる方にはオススメしますが、それ以外の方には至って普通な内容かと思います。

以下ネタバレ有の感想











「俺は~ここの~王だ!!砂糖の一粒までが俺に従う!!」←嘘
客は自分が選ぶって言ってる割に横暴で好き勝手な客もいるし、雇われオーナーだからか殺し屋上層部にはレアな酒を出さないと消されるって言うし、無実の疑いで手刺されるし…全然誰も従っちゃくれないです。
そしてキャスト一覧の中でもマテバこと小栗旬。彼の出番は本当に予告であったクワガタを食べるだけ。その後すぐに土左衛門…間違って小栗旬目当ての人が観てたら可哀そうすぎる結果に。個人的にはいっそ笑えるシーンとなりましたけど。

誰がボスのデルモニコを殺したのかっていうことが話の大きなポイントにはなるのですが、それの発覚方法が納得できなさ過ぎて驚きました。窪田正孝演じるスキンが、お気に入りのオオバカナコに証拠を渡していたのですが、それがデルモニコのしていた指輪と犯人はコフィ(奥田瑛二)というメモだけ…それで犯人と断定されて殺されるのですが、いくら何でも証拠として弱すぎるでしょうに。
全体を通して見れば、自分が必要とされていないと思い生きているオオバカナコの成長物語と言えるのでしょうが、さすがに舞台内の時間で1週間程度なのは性急すぎました。寡黙な殺し屋のはずのボンベロも反抗的・使えない・致命的なミスもするカナコに甘々で、命がけで守ろうとするほどの動機もよく分からなかったし…ただしあのルックスならば仕方ないと思えるくらい魅力的です。
豪華っぽいキャストも予算の都合か一同に会することもないですし、あのシーンや演出いるかって思うところも多いですが、ダイナーの舞台の美術や、藤原竜也と玉城ティナを鑑賞しようと割り切れば楽しめるかと思います。

邦画
スポンサーリンク
nora-eigaをフォローする
nora-eiga

コメント

タイトルとURLをコピーしました