ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年・モンスターバース)の感想・レビュー・ネタバレ
【ドラマよりもとにかく怪獣シーンが楽しい!】

ゴジラ キングオブモンスターズ 洋画
スポンサーリンク

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

公開:2019年5月31日
製作:レジェンダリー・ピクチャーズ
監督:マイケル・ドハティ
出演:渡辺謙
   カイル・チャンドラー
映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』特別メイキング映像/音楽:ベア・マクレアリー

日本のゴジラも今や世界のゴジラに。
幼い頃親が好きだったので、私も昭和ゴジラのビデオをよく観ていた記憶があります。いわゆる平成ゴジラは観たり観なかったりで、後半にはほとんどみていなかった程度のゴジラファンです。
まさか2019年になってゴジラとキングギドラがアメリカ映画で観れるとは、当時は考えもしませんでした。

怪獣映画で同一の世界観を構成するモンスターバースシリーズの3作目。前作のキングコング:髑髏島の巨神は観ていたものの、2014年のGODZILLAは観ていなかったので直前に観てから映画館へと足を運びました。
直接の続編なので、是非観てから行った方が楽しめると思います。ただ、今回はキングコングは特に観なくても大丈夫です。
前作でゴジラとムートーのサンフランシスコでの戦いで大きな被害を受けたラッセル一家、怪獣の調査機関であるモナークの芹沢猪四郎博士、そしてゴジラやキングギドラ達怪獣が主なストーリーとなります。

感想

7.5/10 【ドラマよりもとにかく怪獣シーンが楽しい!】

やっぱりゴジラ・キングギドラ・ラドン・モスラなど、懐かしの怪獣が登場するととても楽しい!そして派手で見応えもあります。
ラドン強い!モスラ神々しい!キングギドラ超強い!ゴジラ凄い!!とシンプルに楽しめます。
その反面、ラッセル一家の話はあまり魅力的に感じられず、早く次の怪獣のシーンにならないかと思っていました。
あと、芹沢博士(渡辺謙)だけゴジラの発音が日本語っぽいのは日本人のゴジラ研究者っぽくて良かったです。
音楽もゴジラやモスラのテーマのアレンジなど、聞き覚えのある曲がかかると思わず耳に止まります。また、エンディング曲となっていた『Godzilla (feat. Serj Tankian) 』は重厚な演奏に日本のお祭りみたいな掛け声と謎な恰好良さがあり、思わずサントラで聞き込む中毒性のある曲です。
ドラマ性よりも怪獣映画が観たいって人にはオススメです。ゴジラファンだと尚更。

以下ネタバレ有の感想










とにかく怪獣達が人類の手に負えない程強く、ゴジラに頼るしか無いと言うところや、初代ゴジラを倒したオキシジェン・デストロイヤーが登場したり、芹沢猪四郎の名前の由来が初代ゴジラの登場人物と監督からだったり、何かと原作愛を感じられるハリウッド版ゴジラでした。
予告で見た通りの派手な怪獣のシーンは日本版以上の迫力があり、人類ではどうしようもない感が凄い。ラドンが火山から登場した時は飛ぶだけで街も壊滅しそうな程…その後あっさりキングギドラに屈服して拍子抜けしますが(笑)

終盤の芹沢猪四郎とゴジラのやり取り、『さらば、友よ』を日本語で言うのはジンと来るものがありました。それまでずっとゴジラを日本語アクセントで呼び続けていた重みがあって非常に感慨深いシーンです。
ただ、ゴジラを目覚めさせる為に核ミサイルが必要って流れになるのですが、前作から核を使いまくって大丈夫なのか心配になります。
今作で世界中の怪獣が目覚めたので、今後のモンスターバースシリーズの展開も何とでもなりそうですが、とりあえず次回はゴジラvsキングコングを来年公開予定となるようです。小栗旬がキャスティングされているそうですが、渡辺謙のように良い意味で印象的になればと期待しています。

洋画
スポンサーリンク
nora-eigaをフォローする
nora-eiga

コメント

タイトルとURLをコピーしました