イット・フォローズ(2016年)の感想・レビュー・ネタバレ
【レトロテイストな古き良きホラー映画を現代に】

洋ホラー
スポンサーリンク

イット・フォローズ

公開:2016年1月8日
製作:ノーザン・ライツ・フィルムズ
監督:デヴィッド・ロバート・ミッチェル
出演:マイカ・モンロー
   キーア・ギルクリスト
映画『イット・フォローズ』予告編

”それ”は人からうつすことができる。
”それ” はゆっくりと歩いてくる。
”それ” はうつされた者にしか見えない。
”それ” に捕まると、必ず死ぬー。

19歳のジェイはある男から“それ”をうつされ、その日以降、他の人には見えないはずのものが見え始める。動きはゆっくりとしているが、確実に自分を目がけて歩いてくる“それ”に捕まると確実に死が待ちうけるという。しかも“それ”は時と場所を選ばずに襲ってくるうえ、姿を様々に変化させてくるのだ。いつ襲ってくるか分からない恐怖と常に戦い続けながらジェイは果たして“それ”から逃げ切ることができるのか!?誰も体験したことのない<超・新感覚>の恐怖がずっとあなたに憑いてくる―。

映画『イット・フォローズ』オフィシャルサイト

感想

6.5/10 【80年代テイストな古き良きホラー映画を現代に】

先日アメイジング・スパイダーマンを観返した際に主演のアンドリュー・ガーフィールドが気になり、最近の作品を調べるとアンダー・ザ・シルバーレイクという映画に出ていると知りました。その作品の監督のデヴィッド・ロバート・ミッチェルの前作がこのイット・フォローズ。
当時話題になったホラー映画と聞いたことがあっただけで観ていなかったのを思い出し、まず先にこちらを観ることにしました。ちなみにAmazon Prime Videoの対象(2019年7月現在)だったので気軽に観ることができました。

内容は至ってシンプルなホラー。ただひたすらゆっくりと歩いてついてくる”それ”から逃れるために奔走する話。それが非常に分かりやすくてホラーとして良かったです。ルールがシンプル、ただし理由も正体も不明なものが絶えず追いかけてくることで、不安と緊張が続きます。
ある時は老婆、ある時は巨大な男、ある時は半裸でケガしている女性と、あらゆる姿でただ歩く速度で追いかけ続けてくる”それ”がとにかく不気味。そして自分にしか見えないので周りからの理解を得るのも苦労するし、自分には普通に見えるので近づいてくるものが”それ”なのかただの人なのかも分からず不安は募るばかり。セックスを通じて人にうつすことも出来ますが、うつした相手が死んでしまうと再び自分がターゲットになるので上手くうつさないと一時しのぎにしかならないという状況に。
そして舞台設定はレトロ風なのですが、ブラウン管テレビで白黒映画を観てるのに、タッチパネルの電子書籍のような機器も出てきたりで、あくまで架空の年代設定なのかもしれません。
そのような舞台設定な上、派手な演出やCG等も感じられないこともあって、古いホラー映画を観ている気分になります。しかし画質は現代らしく綺麗な画面なので少し不思議な気分。
多少のツッコミどころもあるのも、古き良きホラー映画テイストなのかもしれません。ド派手で過剰な演出のない、シンプルなホラー映画を求める方にはお勧めです。

以下ネタバレ有の感想











”それ”は不気味ではありますが、存在があまりに突飛なので観ているとだんだん笑えてくるところも。全裸のおじさんが家の屋根の上で立っているシーンなどはむしろ笑わせにきてるのかと思うくらいシュールな笑いポイントでした。
序盤で銃で撃ってもすぐ立ち上がって追いかけてくるという展開があったにも関わらず、最終的に銃で撃って退治しようと考えるのはどうなんだろう…銃社会のアメリカなら普通の考え方なのだろうか…。そして素人が鉄砲を撃ってもそう当たらないかも知れませんが、即外して味方の脚を撃ってしまうシーンも思わずないわーとツッコミを入れたくなりました。
最後のプールのシーンは周りに電気製品置きまくってたので、感電作戦でもしたいのかと思ったら単に敵に投げる武器を与えるだけで何がしたかったのか…相手が主人公にしか見えないの分かってるんだから地面に粉でも撒くなり、プールの水に色付けるとかしようぜ、誰かとツッコミを入れながら見るのが正しい楽しみ方なのかもしれません。
ホラーにありがちな最終的に解決できたかそうでないのか微妙な雰囲気で終わるところも往年のホラー映画風。予想外なこともあまりないですが、予想を下に裏切ることもない、無難なホラー映画だと思います。

洋ホラー
スポンサーリンク
nora-eigaをフォローする
nora-eiga

コメント

タイトルとURLをコピーしました