ジョン・ウィック:パラベラム(2019年)の感想・レビュー・ネタバレ
【キアヌの黒スーツの恰好良い姿とアクションが映えるが、やや冗長なシーンも】

スポンサーリンク

ジョン・ウィック:パラベラム

公開:2019年10月4日
配給:ライオンズゲート
監督:チャド・スタエルスキ
出演:キアヌ・リーヴス
   ハル・ベリー
   ローレンス・フィッシュバーン
   イアン・マクシェーン
   マーク・ダカスコス

世界はお前を許さない

裏社会の聖域:コンチネンタルホテルでの不殺の掟を破った伝説の殺し屋、ジョン・ウィック。全てを奪ったマフィアへの壮絶な復讐の先に待っていたのは、裏社会の秩序を絶対とする組織の粛清だった。1,400万ドルの賞金首となった男に襲いくる、膨大な数の刺客たち。満身創痍となったジョンは、生き残りをかけて、かつて“血の誓印”を交わした女、ソフィアに協力を求めモロッコへ飛ぶ。しかし最強の暗殺集団を従えた組織は、追及の手をコンチネンタルホテルまで伸ばして、ジョンを追い詰める。 果たしてジョンは窮地を脱出し、再び自由を手にすることができるのか!?

http://johnwick.jp/
「ジョン・ウィック:パラベラム」日本、熱狂!30秒スポット【大ヒット上映中】

感想

7.0/10 【キアヌの黒スーツの恰好良い姿とアクションが映えるが、やや冗長なシーンも】

 キアヌ・リーヴス演じる引退した伝説の殺し屋ジョン・ウィックの復讐劇もシリーズ3作目。今作は2作目のエンディングの直後から始まるストーリーとなるので、話の流れも登場人物もそのまま持ち越しとなっています。前作までを見ていない人には分からないことが多くなるかとは思いますが、実のところ見ていても分からないことは多々ありました…。
 前作まではガン・フー(ガン+カンフー)が全面的に押し出され、それが非常に恰好良かったのですが、今回は刃物や素手でのアクションが多い印象。恰好良いことには変わりないのですが、1作目ではサクサクと進むアクションだったのが、昔の香港映画のような尺の長い格闘シーンが多くなった気がします。雑魚敵Aみたいなのが相手ならまだ早いですが、名前やセリフがある相手が出るとそれが顕著に感じられました。それでも凄腕の殺し屋キアヌが細身の黒スーツで暴れる超人っぷりはやっぱり恰好良くてたまりませんが。もはや大喜利のように斬新な殺し方を見せつけてくれるのはもはやコメディ。
 世界観は前作まで以上に混沌としています。ニューヨークでは街中で殺し屋同士の抗争もあまり気にしない一般市民がいたり、殺し屋のバックアップ組織であるコンチネンタルも大規模で別の国の支部が出てきたり。今作では街中をバイクと馬でのカー?チェイスもあり、道路沿いにオープンな寿司屋があったり…謎過ぎる世界観が良い味を出しています。きゃりーぱみゅぱみゅが流れる寿司屋の大将もキャラの濃すぎる殺し屋だし…なんて街なんだろうか…。
 裏社会の首席連合やコンチネンタル、ジョンの過去の設定など話は広がっていきますが、肝心のジョンは何をしたいのかが分からないまま置いてけぼりな感じで話が進み、気が付けばクライマックスまで話が進んでいました。
 このシーン必要かなと思うようなところも多く、前述の尺の長い格闘シーンもあって少しダレるところもありましたが、最後には先が気になる展開が続き、キアヌの恰好良さとアクションの出来もあって最終的には満足できました。過去作が好きだったならば一見の価値はあるでしょう。

以下ネタバレ有の感想











 前作までは復讐の鬼だったジョンが、今作では街中の殺し屋に狙われることになり、まずは逃げまわるところから始まります。2作目で傷を負った状態で、武器もロクに持たない状況ですがそこは超人ジョン・ウィック、斬新な殺し方を色々披露して視聴者のド肝を抜いてくれます。図書館では本で殺し、馬小屋では馬の尻を叩いて馬に蹴らせるという方法で…さすがは伝説の殺し屋。そして予告から気になっていた、馬とバイクのチェイスシーンは期待通りの面白さ。敵のバイクは刃物しか使ってこないですし、馬がケガするようなこともなく心が痛むこともない安心仕様。
 そしてモロッコに向かい、昔の知り合いハル・ベリーと合流。そこでの犬を使ったアクションシーンも独特で非常に見栄えがよくて面白いです。ただ、ハル・ベリーが娘のために全てを我慢してると言ってた直後に、犬が殺されたとはいえ殺し屋組織の施設のボスに銃弾撃ちこむの納得できない…アクション的にはありがたいですが。その後よく分からない方法で主席連合の幹部と会いますが、そこでジョンがようやく目的を口にしますが、意外なことに命乞い…絶対に殺しに向かってると思っていました。命乞いの代償に指一本と亡き妻との結婚指輪、それと友人でもあり、1時間の猶予を与えてくれたコンチネンタル・ホテルの支配人の殺しを指示されます。前2作であれだけ無謀な戦いをして、コンチネンタル・ホテルの掟を破ってまでホテル内で復讐を果たしたのに、命は惜しいのか…人間味があると思うべきか、覚悟してなかったことを失望すべきなのか。
 モヤっとした気分になりながらも、舞台は再びニューヨークへ。やたらとキャラの濃い寿司屋の大将殺し屋(部下は凄腕忍者)も登場し、今度はジョンも馬ではなくバイクに乗ります。やっぱりキアヌにはバイクが似合います。これまた恰好良い。ホテルに戻ると支配人に説得され、再び組織と敵対することに…超人ジョンの信念、ちょっとブレ過ぎじゃないでしょうか。
 展開にツッコミは入れたくなるものの、ホテルの支援を得てフル装備のジョンVS組織の最新装備の精鋭部隊は最高に楽しかったです。全身防弾アーマーの精鋭部隊に奮闘するジョンは盛り上がります。その後の忍者や寿司屋の大将との戦いになると、ジョンを殺す気が感じられないアクションが冗長で少し飽きますが、最後には驚きの展開が。あの人だけは味方だと思ってたのに…。
 思いっきり4に続く展開で話は終わりますが、次回にはまた復讐という目的があり、信念を固めたジョンが見れることでしょう。今作の展開では不満もありましたが、それでも次回作は楽しみで仕方ありません。アクション映画だから!と細かいツッコミを気にしないで楽しめる人にはとてもオススメです。

洋アクション
スポンサーリンク
nora-eigaをフォローする
nora-eiga

コメント

タイトルとURLをコピーしました