ジョーカー/JOKER(2019年)の感想・レビュー・ネタバレ
【アメコミらしさのない、重くて切ないジョーカー】

DC
スポンサーリンク

ジョーカー/JOKER

公開:2019年10月4日
配給:ワーナー・ブラザース
監督:トッド・フィリップス
出演:ホアキン・フェニックス
   ロバート・デ・ニーロ
   ザジー・ビーツ
   フランセス・コンロイ

本当の悪は人間の笑顔の中にある。

「どんな時も笑顔で人々を楽しませなさい」という母の言葉を胸にコメディアンを夢見る、孤独だが心優しいアーサー。
都会の片隅でピエロメイクの大道芸人をしながら母を助け、同じアパートに住むソフィーに秘かな好意を抱いている。
笑いのある人生は素晴らしいと信じ、ドン底から抜け出そうともがくアーサーはなぜ、狂気あふれる〈悪のカリスマ〉ジョーカーに変貌したのか?
切なくも衝撃の真実が明かされる!

http://wwws.warnerbros.co.jp/jokermovie/index.html
映画『ジョーカー』本予告【HD】2019年10月4日(金)公開

感想

6.5/10 【アメコミらしさのない、重くて切ないジョーカー】

アメコミ好きにはネームバリュー抜群の、DCコミックスのバットマンにおけるヴィランのジョーカーを主役に据えた作品。予告の時からアメコミらしさが全く感じられない雰囲気は感じていたが、実際に観ても重い雰囲気が続き、スーパーパワーやガジェットも登場しない硬派な映画となっていた。ちなみに第76回ヴェネツィア国際映画祭で最優秀作品賞となる金獅子賞を受賞している。
世間の評判が良かったのも聞いていたが、アメコミ好きとしてはどこか違うように感じられる内容だった。確かにホアキン・フェニックスの観ていて迫真の演技で、病気や貧困に追い詰められていく雰囲気は非常に重く伝わり、音楽や80年代風の舞台設定も良かったとは思います。ただ、バットマンのヴィランとしてのジョーカーを求めている私には物足りなさがあり、今回のジョーカーは悪のカリスマとは感じられませんでした。
民衆、主に貧困層の不満が徐々に高まる空気、自身の生活や環境に徐々に追い詰められていき、遂にはジョーカーとなるアーサー。ホアキン・フェニックス単独のシーンが多く、やせ細った背中が彼の苦しい人生を物語ってくるのが印象的でした。映画としての出来はむしろ良いでしょう。ただ、私にとってのジョーカーはバットマンの対比としての悪の象徴としてのヴィランであり、苦悩溢れるアーサーはジョーカーとしては物足りない結果となりました。
そもそもがあまり社会的な雰囲気の映画よりも、アメコミなんて恰好良くてスカッとできれば良いやって自分好みのジャンルではなかったかもしれません。出来の良い映画としてのオススメはできますが、アメコミ好きでバットマンのジョーカーをメインのスピンオフだと思った人にはオススメしないと思います。

以下ネタバレ有の感想











序盤は人が良いながらも、突然笑いだしてしまう病気も持ち、コメディアンを目指しているアーサーが不遇な状況にある姿が描かれます。それはもう重く苦しい感じで。80年代風のゴッサムシティが舞台なのが往年の名作っぽい雰囲気で印象的でした。そして転がり落ちるように不運が続くアーサーが、ピエロ姿で地下鉄で3人のエリートサラリーマンを射殺することから、アーサーも社会も変わりだします。
同じアパートに住む女性と深い仲になり、コメディアンとして舞台に立ち、そこから憧れのテレビ番組への出演へと繋がっていき人生に希望が見えてくるアーサー。町では地下鉄での事件を危険視する反面、一部の層からは支持されていく。
それと並行して自分の出生の秘密について母から自分の父親が町の名士であるトーマス・ウェインだと聞かされる。トーマスに会いに家に行くと、その息子のブルース・ウェイン少年と会うが、すぐに追い返されてしまう。後にトーマスと自分の父親ではないかと話をするが、自分の母親の妄想だと言われ、母の記録を探しに病院に行くと自分が養子であったこと、母には妄想性の障害があったこと、自分が母から虐待を受けていたことを知る。
元から不安定な雰囲気はあったが、そこから一気に精神の均衡を失っていくアーサー。同じアパートの女性との仲は妄想で他人の距離感のままであった。そして遂には母を自分の手で殺してしまう。母の荷物からは若い頃の母とトーマスの写真があり、裏にはTWの文字が。果たしてどこまでが妄想で、どこからが真実だったのか。母の言葉はどこまでが妄想だったのか、トーマスの発言は本当だったのか。全てが不安定になり、そして訪ねて来た昔の同僚を殺害し、憧れていた番組への出演をするために出ていくアーサー。そこからアーサーがジョーカーとなっていきます。
映画としては先が気になる展開が続き、ホアキン・フェニックスの痩せて傷だらけの身体がとても印象的でした。ただ、やはりアメコミらしさは全くありません。後のバットマンとなるはずのブルース・ウェイン少年も登場し、ジョーカーとバットマンが兄弟かもという可能性もありながら、さすがに年齢差がありすぎてやはりバットマンとはリンクしないのではないでしょうか。富裕層を殺害したピエロという意味で象徴化されているジョーカーは確かに悪のカリスマと言えるのでしょうが、映画で描かれるアーサー自身は状況に流され続けた結果としてジョーカーとなったので、カリスマ性は感じられませんでした。
ちなみに同じアパートのアーサーの片思いの女性は、デッドプール2でとにかく運の良いミュータント、ドミノを演じていたザジー・ビーツ。シリアスなケーブルに対し、デッドプールがお前暗いな、DCコミックス出身かよって言ったのが思い出される映画でした。

DC洋ドラマ
スポンサーリンク
nora-eigaをフォローする
nora-eiga

コメント

タイトルとURLをコピーしました