スパイダーマン映画シリーズについて

MARVEL
スポンサーリンク

スパイダーマン映画シリーズについて

スパイダーマンの実写映画化は、今までに3度されてきましたが、最近見始めた人にとっては違いが分かりにくいかもしれないので、簡単に解説をまとめてみました。
性質上ネタバレを含むので、まだ未見で気になる方はお気を付けください。

スパイダーマン
スパイダーマン2
スパイダーマン3
アメイジング・スパイダーマン
アメイジング・スパイダーマン2
スパイダーマン:ホームカミング
スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム
公開年2002年
2004年
2007年
2012年
2014年
2017年
2019年
監督サム・ライミマーク・ウェブジョン・ワッツ
主演
(1作目公開時の年齢・身長)
トビー・マグワイア
(27歳・172cm)
アンドリュー・ガーフィールド
(29歳・179cm)
トム・ホランド
(21歳・173cm)
ヴィラングリーン・ゴブリン
ドクター・オクトパス
ニュー・ゴブリン
サンドマン
ヴェノム
リザード
エレクトロ
グリーン・ゴブリン
ライノ
バルチャー
エレメンタルズ
特徴・ウェブは自分の手首から直接
・スーツは自作
・ヒロインはMJ
・3部作
・自作のウェブシューターを装備
・スーツは自作
・ ヒロインはグウェン
・2部作(打ち切り)
・自作orトニー・スターク(アイアンマン)製のウェブシューターを装備
・(主な)スーツはトニー・スターク製でハイテク
・ ヒロインはMJ
・MCUでの登場は2019年で5作目

・スパイダーマン(サム・ライミ版)

2002年のCG・特撮技術でよく出来たというのが一番の感想。
サム・ライミ監督は『死霊のはらわた』の印象が強かったのでとても意外。ちなみに死霊のはらわたの2・3作目は大好きです。人を選ぶと思うので全面的なオススメはしにくいですが。
科学オタクの冴えない学生という原作のイメージでは一番近いのかもしれませんが、トビー・マグワイア演じる主人公のピーターがあまり明るい性格ではなく、スパイダーマンの姿でもそれほど軽口はあまり叩かず真面目な印象。
ドラマ的にはベンおじさんの死からヒーローとしての使命に目覚めるところや、スパイダーマンとしての活動とピーター個人としての生活の葛藤なども丁寧に描かれていています。ただしMJの尻軽っぷりや、本当に友達なのか疑問に思うところも多いハリーは苦手でした。

・アメイジング・スパイダーマン

前3部作が大ヒットし、続編も予定されていたが監督の降板により白紙となり、新たにリブート(再始動)された。前作から10年の経過し、映像技術はさすがの進化。
アンドリュー・ガーフィールド演じるピーターは、自作でウェブシューターを作る科学オタクの設定ではあるが、普段から口も上手く、スパイダーマンになると更に軽口も叩くキャラクターに。手足も長いので最もスタイルの良いスパイダーマンになっているのではないだろうか。目の部分も大きく、伸縮素材っぽいスーツやクモマークもスタイリッシュで見た目では一番好きなスパイダーマン。そしてヒロインのエマ・ストーンと並ぶと美男美女。
テンポも良く見やすい内容だが、シナリオとしては少し大雑把な印象。続編も企画されていたが、2の興行が予想を下回ったこともあってそれも打ち切りとなった。おかげで続編を匂わす設定が未消化のままとなってしまった。
個人的には前作より好きだったので、非常に残念です。特に2は好きでした。

・スパイダーマン(MUC)

MCUシリーズもディズニーに買収されていたが、スパイダーマンの実写化の権利はソニーが持っていたため、アベンジャーズへの合流は出来ないと思われていた。しかし、マーベル・スタジオとの提携を行うこととなり、製作:マーベル・スタジオ、配給:ソニーという形で更にもう一度のリブートが行われることに。
新たなスパイダーマン役に選ばれたのは当時まだ10代だったトム・ホランド。最初は幾ら何でも若すぎると思っていましたが、今はもう完全に新たなスパイダーマン像を作ってくれました。本人の運動神経も抜群で、メイキング等での映像は一見の価値あり。
MCUの一部となっているので、全く予備知識が無ければ完全には理解できないのが難点か。ただし全て見てきている人間にはかなり見応えもあり。青春の甘酸っぱい悩みとヒーローとしての葛藤や、アイアンマンやアベンジャーズへの憧れ、ハイテクスーツの色々なギミックなど、多くの楽しめるポイントがあります。
ちなみにベンおじさんの死についてや、蜘蛛に噛まれてスパイダーマンとなる部分などは潔くバッサリとカット。まあ3度目ですし、無くて良かった思います。

MARVEL
スポンサーリンク
nora-eigaをフォローする
nora-eiga

コメント

タイトルとURLをコピーしました