アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年)の感想・レビュー・ネタバレ
【様々な要素が盛り込まれた、クセの強い人を選ぶカルト映画】

洋画
スポンサーリンク

アンダー・ザ・シルバーレイク

公開:2018年10月13日
製作:A24
監督:デヴィッド・ロバート・ミッチェル
出演:アンドリュー・ガーフィールド
   ライリー・キーオ
【公式】アンダー・ザ・シルバーレイク 10・13公開/本予告

恋におちた美女が突然の失踪。彼女の捜索を始めたオタク青年サムは、
夢と光が溢れる街L.A.<シルバーレイク>の闇に近づいていくのだが――

“大物”になる夢を抱いて、L.A.の<シルバーレイク>へ出てきたはずが、気がつけば職もなく、家賃まで滞納しているサム。ある日、向かいに越してきた美女サラにひと目惚れし、何とかデートの約束を取り付けるが、彼女は忽然と消えてしまう。もぬけの殻になった部屋を訪ねたサムは、壁に書かれた奇妙な記号を見つけ、陰謀の匂いをかぎ取る。折しも、大富豪や映画プロデューサーらの失踪や謎の死が続き、真夜中になると犬殺しが出没し、街を操る謎の裏組織の存在が噂されていた。暗号にサブリミナルメッセージ、都市伝説や陰謀論をこよなく愛するサムは、無敵のオタク知識を総動員して、シルバーレイクの下にうごめく闇へと迫るのだが――。

https://gaga.ne.jp/underthesilverlake/
Amazon | アンダー・ザ・シルバーレイク [Blu-ray] | 映画
アンドリュー・ガーフィールド, ライリー・キーオ, トファー・グレイス, ゾーシャ・マメット, キャリー・ヘルナンデス, パトリック・フィスクラー, グレイス・ヴァン・パタン, ジミ・シンプソン, デヴィッド・ロバート・ミッチェル 邦画・洋画のDVD・Blu-rayはアマゾンで予約・購入。お急ぎ便ご利用で発売日前日に商...

感想

5.5/10 【様々な要素が盛り込まれた、クセの強い人を選ぶカルト映画】

前回のイット・フォローズのデヴィッド・ロバート・ミッチェル監督の最新作。ジャンルとしてはサスペンス…となるのだろうか? それだけではなく、コメディのようなホラーのような…何とも分類しにくい内容。
次々と新たに出てくる謎、各所に散りばめられた映画・音楽・コミック・ゲームなどのポップカルチャーのエッセンス、そして様々な表情を見せるロサンゼルスの風景と、一つ一つ考え出したらキリがない程に情報が溢れ、そして私には処理しきれなかったです。元ネタの引用やオマージュが分かれば分かるほどハマるのかもしれません。そういう意味で人を選ぶマニアックな映画だと言えるでしょう。
主演のアンドリュー・ガーフィールドは、うだつが上がらない精神的に不安定な冴えない男を演じていても男前です。あまりバックボーンも語られないので想像で補うしかないですが、部屋にあるものからして昔のロックやアメコミ・ゲームなどが好きな様子。途中のセリフから判断すると、何かの夢に破れた人のようでした。彼は失踪した隣人の美女を追いかけながら、謎のセレブのパーティーやナイトプールなどに潜入しどこかおかしな人物と接しながら、都市伝説や陰謀論・暗号を追い詰められたように、そして半ば楽しそうに解いていきます。
初めは探偵もののようなサスペンスから始まり、不穏な空気と共に新たに謎とおかしな人が出てきて何かよく分からないジャンルになっていくのは、何だか不思議の国のアリスを連想します。そして夢なのか現実なのかも分からないよう。
私は絶えず現れつづける展開に途中で疲れてしまいましたが、一つ一つの元ネタに詳しい人、結局何か分からない物事についても考察をするのが好きな人にはハマるのかもしれません。とてもクセの強い映画でした。

以下ネタバレ有の感想











映画としての好みはさておき、アンドリュー・ガーフィールドの裸の尻映像はたっぷり見れるので、彼のファンならば満足できるかもしれません。
さて、内容としては、結局のところどこまでが現実でどこまでが妄想だったのか、置き去りの謎や暗号もどうなったのか、そもそも話のテーマは何なのか、どれもあやふやである為、観た人によって解釈も異なるのではないでしょうか。
私にはソングライターをギターで撲殺する辺りからより妄想っぽい内容になっていったような気がします。自分の影響の受けた音楽を笑われたことで精神の均衡が壊れてしまったのでしょうか。テーマとして敢えて挙げるとするならば、自分の人生が上手くいってない時には現実逃避をしたくなるのが人間だとか。
サムは家賃の滞納で家を追い出されるのが目に見えているのに謎を追いかけるのに没頭していきますし、その謎もある意味サムに都合が良いように矢継ぎ早に出てきます。最終的な謎の解き方も、古いゲーム雑誌の特定のページを指定するという、もはやサム以外に解ける人がどれだけいるのかも分からないものとなっていました。あの辺りになると完全に妄想の中だったのではないかと思います。
犬殺しとは何だったのか、フクロウの仮面の女は実在したのか、そもそもサムの解いた謎はあれで正しかったのか、色々と不明点は残りますが、それを考えて繰り返し見て考察するのも良いかもしれません。あまり深く考えて映画を観ていない自分には向いていませんでしたが、気になる方はハマるかもしれませんので試してみてはいかがでしょうか。

洋画
スポンサーリンク
nora-eigaをフォローする
nora-eiga

コメント

タイトルとURLをコピーしました